Excelで作る簡単自作カウントダウンカレンダーと無料DL版!

カウントダウンカレンダー エクセル

クリスマス、誕生日、受験など、目的の日まであとどれくらいあるのかがひと目でわかるのが、カウントダウンカレンダーの嬉しいところですよね。

もちろん、テンプレートを無料でダウンロードして、カウントダウンカレンダーを組み立てる方法もあります。
ネット上には素敵なデザインのものもたくさんありますからね。

でも実は、エクセルの関数を使って、簡単にカウントダウンカレンダーを自作することだってできるんですよ!
この方法だと、当然お金はかかりませんし、PCを開くたびに残り日数を確認することもできるんです!
PCを日常的に使う人であれば、こっちの方法の方が管理が楽かもしれませんね。

簡単にカウントダウンカレンダーを自作することだってできるんですよ!

というわけで今回の記事では、エクセルのごく簡単な関数を使って、カウントダウンカレンダーを自作できてしまう、そんな方法をここではご紹介したいと思います。

きっと、あまりに簡単すぎて腰を抜かしてしまいますよ!

また、ダウンロードできるエクセル形式のカウントダウンカレンダーも少し紹介していきます。こちらは…
「もっともっと簡単にしたい!」
「やっぱり紙のカレンダーを作りたい」

そんな人に向けて無料DL可能なサイトをピックアップしてみたので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 



 

エクセルで作る?ダウンロードする?

まずは、エクセルの関数で自作したい人向けにお話を進めていきます。

関数の扱い方を順を追ってお話しするのはもちろん、より見やすくするための工夫についても触れてみたいと思います。また、ダウンロードしてカレンダーを作りたい人に向けては、それが可能なサイトを2つ紹介します。

PC上で管理できるものと、テンプレートをダウンロードして紙で組み立てるものを、一つずつピックアップしました。

それでは、本題に入っていきましょう。

 

日付同士で引き算をする

一番基本的なやり方は、今日の日付を目的の日付から引き算するものです。

日付同士で引き算をする

例えばこの画像では、B1セルに「=”2016/12/25″-“2016/10/28″」と入力しています。
ここでは、今日が2016年10月28日、目的の日が2016年12月25日です。

でも、実際のセルには「58」と表示されていますね。
日付同士の引き算の結果、2016年10月28日から2016年12月25日まで58日あると分かります。こんな簡単な方法で、今日から目的の日までの残り日数がわかるんですよ。

しかし、この方法は当日限定であればよいのですが…明日になると、また計算をし直さないといけません。

とりあえず残り日数を知りたいのであれば、これでかまわないんですが、目的日まで何度もチェックする場合は、少々面倒くさいです。
なのでそんな場合には次の方法を使います!

 

 

 

TODAY関数を使う

もっと便利なカウントダウンカレンダーにするには「TODAY関数」を使う!
TODAY関数とは、セルに「=TODAY()」と入力するだけで、その日の日付が表示されるというものです。

先ほどは日付同士の引き算で残り日数を表示しましたが、今度は今日の日付の部分に「TODAY()」と入力して引き算をします。

TODAY関数を使う

画像ではB1セルに「=”2016/12/25″-TODAY()」と入力していますね。
そして、実際にセルに表示されるのは、「58」です。先ほどと同じ数字ですね。

このようにすると、目的の日付とTODAY関数の引き算で、残り日数が表示されます。
そしてTODAY関数を使うと、日付が自動で更新されるようになります!

だから、当然計算結果も毎日変わってくるんですね。わざわざその日に再計算する必要もありません。

 

但し、ここで少し注意点があります。

関数入力の際、セルの書式が「標準」になっていないと、正しく、表示されない場合があります。

但し、ここで少し注意点があります。 正しい日にちが表示されない時はご確認くださいね。

正しい日にちが表示されない時はご確認くださいね。

 

 

 

より見やすいカレンダーにするために

さらに以下のような工夫をしてみると、よりカレンダーっぽくなると思います。

セルの塗りつぶしを使う
周りのセルをすべて同じ色で塗りつぶして、残り日数を表示するセルだけを違う色にすると、それだけでも目立つようになりますね。

文字のフォントを工夫する
文字のサイズ、字体、色なども工夫してみるとよいでしょう。これも、残り日数だけ違うフォントにしてみるのも手ですね。

図の挿入を行う
丸い図形を挿入して、残り日数を囲むようにするとより目立ちますよね。もしくは、好きな写真であったり、ネット上から拾った画像で飾ってみるのもよさそうです。
(個人で使用する分には、著作権を侵害するおそれはないでしょう)

 

より見やすいカレンダーにするために

こんな風に、好きなデザインに編集することが可能なのも、エクセルで自作するカレンダーの魅力です。

ぜひ、オリジナルのカウントダウンカレンダー作りを楽しんでみてください!

 

 

 

無料ダウンロード版ならこちらで

ここまで、カウントダウンカレンダーをエクセルで作る方法をお話してきました。でも、ネット上でダウンロードすることだって可能です。

【Excelist.net】というサイトでは、シンプルなカウントダウン表をダウンロードできます。

Excelist.net

B列に目的の日付を入力するだけで、残り日数を自動計算してくれるんです。

Excelist.net

 

また、【楽しもうOfficeライフ】では、日めくりカレンダーを作ることができるエクセルのテンプレートが無料DL可能です。

楽しもうOfficeライフ

カレンダーの開始日と目的の日を入力するだけで、毎日の残り日数が自動で表示されます。文字や画像を挿入してカスタマイズすこともできますよ。

サイトでは受験用のカレンダーとなっていますが、色々な目的に応用できそうですよね。

楽しもうOfficeライフ

もし自分でカウントダウンカレンダーを作るのをもっと楽にしたいのであれば、ネット上からテンプレートをいただくのもひとつかと思います。

 

 

 

エクセルのカウントダウンカレンダーまとめ

いかがだったでしょうか?

前半は、エクセル関数でカウントダウンカレンダーを自作する方法と、それを見やすくする工夫についてお話ししてきました。これなら、簡単に作れてしまいそうですよね?ぜひチャレンジしてみてくださいね!

そして後半は、ダウンロード可能なエクセル形式のカウントダウンカレンダーについても触れてみました。
2つのサイトそれぞれで使い方などだいぶ違いますが、ご自身のお好みに応じて選んでいただけたらと思います。

自作でもダウンロードでも、エクセル形式のものは自分好みに編集可能なのが嬉しいですよね^^
エクセル形式のカウントダウンカレンダーならではの楽しみを、ぜひ味わってみてほしいです。

最後に余談になりますが…

PC・スマホなどネット上で確認できるこんなものあります。カンタンなHTML表示できるので便利ですよ。